お家のお着替え

外壁塗装に関する情報が満載!

外壁塗装の時期は外壁のコンディションで適宜判断

建築したばかりの頃はマイホームの修繕を考えることはほとんどありませんが、新築の建物も年月の経過とともに徐々に痛みが発生してきます。
常に風雨に晒されている一戸建て住宅の外壁は、その代表例といっても過言ではありません。
一戸建ての外壁は、躯体を風雨による痛みから守る役割を担っています。
それだけに、破損が生じると水分なとが外壁の内部に入り込み、躯体に深刻なダメージを与えることになるのです。
外壁の修繕は外壁塗装により行うことになりますが、その時期については塗装面の劣化により判断することができます。
塗装面を手で軽く触り、手に白い粉が付着するようであれば、すでに外壁塗装を行う時期が到来していると言えます。
すみやかに専門のリフォーム会社に作業を依頼することになりますが、依頼先選びは非常に重要です。
技術の差が仕上がりに直結するため、作業内容がわかる見積もりを複数社からもらい、十分に検討することが不可欠なのです。

外壁塗装の更新時期について

外壁塗装にはその耐久性やコストにおいて様々な種類があり、更新時期についてもそれぞれ異なっています。
最も安価な仕様としては、アクリル塗装であり、耐久性に関してはあまり優れていませんの6年くらいで塗り替える必要があります。
最近の主流はウレタン塗装となっており、弾性という下地の伸び縮みに追随する柔らかさを持っており、耐久性は平均して10年くらいです。
さらに上位のグレードにはシリコン塗装や、ラジカル塗装、フッ素塗装などがあり、コストも高くなりますが、10年を超える耐久性があるため、何度も更新する手間やコストを抑制することができます。
外壁塗装の更新時期の目安は、このように塗料の種類だけでなく、目視や検査によって判断することも可能です。
更新する目安となるのは、外壁面を指で擦り、白い粉が手に付着するようになると、更新する必要がある状態と言えるでしょう。
これはチョーキングと呼ばれる現象であり、太陽光や雨風などの外的な要因により塗料の顔料が粉状になって塗膜が劣化しているということを表しています。

Favorite

ノベルティ

2017/9/8 更新


TOPへ

 

『外壁塗装』 最新ツイート


Fatal error: Class 'Abraham\TwitterOAuth\TwitterOAuth' not found in /home/ss51q6vd/public_html/webcdi.net/twitteroauth/tweet.php on line 136