お家のお着替え

外壁塗装に関する情報が満載!

外壁塗装が何故断熱効果を生むのか

住宅などにおいて必要となる外壁塗装ですが、リフォームなどの際に見栄えを綺麗にするだけの目的で行われるわけでは無いものです。
建物を保護する役割を持つものとなるわけですが、その効果のひとつに断熱があります。
これは外壁塗装において行われる施工の下地処理で行われるものとなります。
この下地処理をきちんと行なっておくことにより、外側の塗装が剥げにくくなるわけです。
そこに断熱処理を施すことによって雨水から躯体を守ることになります。
また塗料自体も常に品種改良が行われることで断熱性が高まっていることから、さらにその効果を高めることになります。
その結果、室内は外気の影響を受けにくくなることで冷暖房の効率が高まり、光熱費が安くなります。
さらに冬場の窓ガラスの結露も防ぐことで、カビの発生も抑えることができるのです。
このように快適な生活を送ることができる上に、建物を内側と外側から護ることによって、長持ちさせることができるわけです。

断熱の外壁塗装における注意点

東日本の大震災による原子力問題で、全国的に省エネが一般的になってきました。
外壁塗装においても、太陽熱を遮断する塗料や断熱の効果を可能にする塗料を求める傾向が高まっています。
通常の外壁塗装よりも塗料そのものも高価であるため割高になりますが、冷暖房の費用が一年で30,000円以上節約できるとなれば耳を傾けざるを得ません。
遮断の塗料もありますが、効果が違うので注意が必要です。
遮断は太陽熱を反射するものですが、断熱は反射と断熱の両方効果が期待できるため、真夏の室内温度で6℃差があるというデータがあります。
特に、屋根裏では25℃の変化になるというので省エネ効果は間違いのないところです。
ただし、この特殊塗料は通常のものとは違うため、業者選定にも注意しなければなりません。
塗料メーカーでは、塗料を売るだけでなく塗り方の研修を受けた業者に商品を卸しています。
効果のある塗り方ができる業者でなければ、クレームの対象になってしまうからです。

pickup

貸倉庫 東京
http://tokyo-fact.com/

Last update:2017/5/22


TOPへ

 

『外壁塗装』 最新ツイート


Fatal error: Class 'Abraham\TwitterOAuth\TwitterOAuth' not found in /home/ss51q6vd/public_html/webcdi.net/twitteroauth/tweet.php on line 136