お家のお着替え

外壁塗装に関する情報が満載!

外壁塗装に使用する塗料には様々な特徴がある

私たちの住む家というものはただ単に建てているのではありません。
地震や雨や風などの苛酷な環境に耐え得る構造で設計され私たちの身も守ってくれるものでもあります。
常に雨や風、紫外線などにさらされている外壁には外壁塗装と呼ばれる塗装が施されています。
外壁塗装に使用される塗料にはアクリル、ウレタン、シリコン、フッ素と分けることが出来ますが、これらの塗料にはそれぞれに特徴があるのです。
アクリル系塗料は価格的は一番安いが耐用年数としては5年から8年です。
ウレタン系塗料の価格はアクリル系塗料の次に安く、紫外線に強く水もはじき、耐用年数はおよそ10年ほどです。
シリコン系塗料は紫外線にも汚れにも強く、防汚性も高くそれなりの価格となります。
シリコン系塗料の耐用年数はおよそ15年ほどあり耐用年数が上がれば上がるほど塗料の価格が高くなるのです。
フッ素系塗料が最も耐久性に優れており、価格も一番高い塗料と知られています。
外壁塗装を施す時は耐用年数を考えた工事プランを選ぶか、安さといった価格を重視した工事費で選ぶかは住居者次第となるでしょう。
耐用年数があればあるほど工事費用もかかるのですが、フッ素系塗料を施した工事では耐用年数が20年にもなることを考えると結果的には一番経済的なのかもしれません。

外壁塗装で使用される塗料には耐久性の違いがある

私たちが住む家には外壁塗装といった工事が施されていることをご存知でしょうか。
雨や風、年に何度も台風がやって来ますが暴風にもさらされている外壁には相当のダメージがあるはずです。
ひび割れや亀裂、剥がれは長い年月においては必ずと言って良いほど起こるものです。
そんな時外壁の塗装工事を考えるタイミングというものを知っていれば安心です。
また日頃から家の外壁のチェックやメンテナンスもしっかり行うことで傷んだ箇所や修理すべき場所を見つけることも出来るでしょう。
アクリル系塗料ではもって8年、ウレタン系塗料なら10年、シリコン系塗料は15年、フッ素系塗料だと20年ほどの耐用年数となります。
価格は耐用年数が低いほど安く、耐久性が高くなればなるほど価格も上がります。
アクリル系塗料を施した場合では5年から8年が耐用年数とされています。
地域の環境や各塗料の特性、耐用年数によって工事を考えてゆくと良いでしょう。
ネットワークが普及した現代では、インターネット検索という便利な機能を活用することで多くの外壁塗装業者を調べることが出来ます。
外壁塗装業者を一括見積してくれるサイトを利用すれば、複数業者の中から最良の工事業者に依頼することが出来るでしょう。

Favorite

大阪で医療脱毛について検討している方はご相談ください

大阪 医療脱毛

1秒単位の課金で大幅なコストダウンが可能です。

通信コストの削減

ゴミ屋敷の対処を千葉で依頼したい方はご連絡ください

ゴミ屋敷 千葉

Last update:2018/9/11


TOPへ

 

$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>
Copyright(C) 2015 お家のお着替え All rights reserved.